キャッシングに関連する様々な用語の違いを知っておこう

キャッシングに関しては、多くの人がその用語に関連する勘違いをしている人が多いです。例えば、厳密に言えば消費者金融におけるキャッシングとカードローンは全く同じ内容のサービスですが、銀行が提供するカードローンと消費者金融のキャッシングは全く異なるサービスです。なぜこのような違いが生じるのかをしっかりと理解しておかないと実際にサービスを利用するときに混乱しますので注意をしておきましょう。
そもそも、同じような名称なのになぜサービスに関して違いが生まれるのかというと、貸金業と銀行ではそれぞれの融資に対して依存している法律が違っているからです。これを理解するためには、貸金業法と銀行法という二つの用語を理解しておくことが重要になります。
貸金業法というのは文字通り貸金のみに関連した法律で消費者金融が依存している法律です。銀行法というのは、様々な金融商品を提供する銀行に対して考えられたサービスでは、銀行のカードローンのサービスはこちらの法律に依存します。
それぞれのサービスに関して大きな違いが出るのは、基本的に二つの業種に対して適用される法律の違いで説明できます。そのため、誤解をしないようにするためにもこれらの用語をしっかりと把握しておくことが大事です。

闇金に対してのイメージは「怖い」というよりも「危険」という言葉が当てはまるのではないでしょうか。

この「怖い」「危険」のイメージを柔らかくしているのが「ソフト闇金」で、「ソフトだから闇金とは違う」と思うかもしれませんが、呼び名が「ソフト」なだけで違法業者である闇金に変わりはありません。

ソフト闇金はこれまでの闇金と比べると貸付金利が低めに設定されていて、闇金業者であれば返済が遅れると職場、自宅、さらに親戚に催促の電話を必要以上にかけるということがありますが、ソフト闇金は相談に乗ったり返済を遅らせてくれることがあります。

金利については闇金のように高い金利ではなく、年利40%~80%ほどでグレーゾーン金利より少し高いものの、一般的な闇金のような消費者金融の数十倍や数百倍という金額にはなることはなく、一般的な消費者金融の2倍~4倍ほどが特性です。

これまでの闇金のような脅迫的な雰囲気ではないだけではなく取り立てや脅すなどということもありませんし、債務者の話を聞いて就職先を紹介するなど、相談に乗るような状況で信頼関係を築き固定客を確立しています。

【引用】即日でキャッシングの借り入れ【消費者金融比較】