肌荒れの主な原因はターンオーバーの乱れだといわれているくらい、ターンオーバーは大切です。 ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のサイクルのことで、ターンオーバーが正常だと肌トラブルとは無縁でいられるでしょう。 しかし、栄養が不足していたり、睡眠不足だったり、血行が悪かったりなど、様々なことがターンオーバーを乱してしまいます。 一般的には、ターンオーバーのサイクルは約28日間なのですが、何かそれを妨げるような要因があったりすると、その速度が遅くなって、肌トラブルを招きやすくなるのです。 特に思い当たるような要因がなくても、加齢に伴ってターンオーバーの日数は長くなっていきますから、それだけ肌荒れも起こりやすくなります。 また、ターンオーバーの乱れによって肌荒れが起こってしまったからといって、ピーリングなどで強引に新陳代謝を促しても、一時的な効果しか得られないでしょう。 かえって肌荒れをひどくしてしまうこともありますので、生活改善などでターンオーバーを正常化させるようにしてください。